5代目☆AIUを広め隊 2016

全国の皆さんこんにちは‼ パンフレットやホームページなどでは伝えきれないAIUの魅力を、生徒の視点から見て発信する学生団体ー それが、AIUを広め隊です‼ 今年度でこのブログも5代目となりました‼ 年を重ねるごとにさらに魅力を増していく、今全国の中で大注目の大学、AIUこと国際教養大学って何?と疑問に思っているそこのあなた‼‼‼ 愉快で個性的な隊員たちが、そんなあなたのためにブログを書いちゃいます☆ You should be reading!!

"1年"という留学の意味 (ヒロ)

こんにちは。

現在、フランス、ルーアンNEOMA Business Schoolに留学中のヒロです。

もう、9月ですね。

僕が留学を初めたのが1月なので、もう大半が過ぎてしまった感じがします。

で、今回記事の内容は、

なぜAIU"留学期間1年を卒業要件としているのか"についてです。

(興味のない方は飛ばしてみてね!)

 

まだ一年終えていない僕が語るにはまだ早いかもしれませんが、

新学期を迎え新たな留学生が入ってきたこの時に、

非常に心に響くものがありましたので、

これは今すぐ記事を書かねば、と思った次第です。

 

さて、実のところ留学期間というものについて、みなさんどうお考えでしょうか?

実のところを申しますと、

1年という期間の留学は世界の中でも少数派であると思います。

(アメリカの大学院に入学するというケースを除きます。

あくまで交換留学についてですね。) 

(もちろん、日本でも1年の留学を経験している大学生は

留学を経験している大学生の中でも少数です)

多くが1セメスター(4か月-6か月)。

人によっては2か月で帰国する生徒が大半です。

 

しかし、AIUは卒業するためにはかならず1年の留学を終わらせなくてはならない

ということに非常にこだわりを持っていると感じます。

 

さて、では何が違うのか?

僕が留学前考えていたもの、そしてAIUで行われた留学セミナーで講義を受けたことの中には、以下のことがありました。

 

1. 留学先での言語の授業(もしくは異なる言語環境) に慣れ、新しい言語を実践するところまでには半年ではなく1年(もしくはそれ以上) 必要であるということ。

 

2. 1年(2セメスター)いることで、留学先の教授と深くコネクトできること、

この2点が僕が印象に残ったことだったと思います。

 

しかし、8/31から、新たな留学生(日本人を含む)がNEOMAに来たことで、それ以外にも重要な意味があると感じました。

 

端的に言えば、当たり前といえば当たり前ですが、

僕は新しく来る留学生よりはNEOMA及び、ルーアンのことを知っていること。

そして、なにより、新しい留学生を迎える立場であるということです。

 

これは僕にとって非常に重要な気持ちの変化でした。

最初のセメスターは、色々な意味で必死だったのもあったのですが、

どれだけ慣れようと、あくまで僕はNEOMAに

お客さんとして存在してたんですよね。

周りが(もちろん日本人ではない)留学生に囲まれ、それほど積極的にもならず、

(もちろん、それなりに努力はしていましたが)

受け身で過ごしていたんです。

(正直非常にもったいない)

 

しかし、このセメスターの始めから気持ちの変化を感じていました。初日に日本人の留学生をNEOMA及び、ルーアンを案内する計画を立てていた時に、

ふと、僕が1月留学に来た時に、こういうことされてたらもっと、ストレスを感じずに留学を始められただろうな~、僕みたいなコミュ障も緊張せずにセメスター始められるな~と思ったんです。

 

それを思ってからすぐに、気持ちが切り替わりました。

他の留学生(自分を含めた日本人だけでなく) も等しく不安で、

話しかけられると嬉しいし既に慣れている人に案内されたり

ルーアンやNEOMAでの生活を話されると安心するんです。

 

それを心から理解してから、僕はなんの気なしに新しく来た留学生に、非常に簡単に話し始めることができました。つまり、安心させる側になったんです。

1月の僕が見たらなんて思うんでしょう?

なんか、気さくなやつやな~とか、

こういう場所(オリエンテーション)に慣れているな~

こういう人間に少しでもなれたらな~と思うでしょうか?

 

偏屈な僕は、気に入らないと思うかもしれませんね(笑)。

でも今の僕は、思ったよりもだいぶ、いい気持ちでいます。

ほどよく浮かれて、授業で昨日、おととい知り合った仲間と

出会えるのを楽しみにしています。

セカンドハネムーとでも名付けましょうかね(笑)。

(正直僕にはファーストハネムーンは、失敗した気がしますが) 

 

ここまでの僕の経験は、"1年"留学していなければ体験できないものでした。

そして、留学前にシミュレートした、

留学後の自分の予想図にはまったくないものでもありました。

この経験をして、初めてこれから新しい環境に慣れる時も、僕は1月にNEOMAに来た時より、積極的にいろいろな人に話しかけられる気がします。

だって、受け入れる側の気持ちもわかって、受け入れられる側の気持ちも(それは僕以外のまわりの人すべての人の) 真に共感し、理解できたわけですから。

僕はAIUにおいての留学"1年義務"という所にこだわり、込めた意味を感じることが

今回できた気がします。

 

ではでは。次の記事でお会いしましょう~。

みなさんも、どんな立場であれ新学期や、新しいことを始める時期でしょうか?

何か生活に変化を与えてみてはいかがでしょう?

少し、いつもより楽しい気分になるかもしれませんよ。

 

長文失礼いたしました。ヒロ。

 

f:id:hirometai2016:20160904024303j:plain

↑言わずと知れた フランス内の名所 モンサンミッシェル