5代目☆AIUを広め隊 2018!

全国の皆さんこんにちは‼ パンフレットやホームページなどでは伝えきれないAIUの魅力を、生徒の視点から見て発信する学生団体ー それが、AIUを広め隊です‼ 今年度でこのブログも5代目となりました‼ 年を重ねるごとにさらに魅力を増していく、今全国の中で大注目の大学、AIUこと国際教養大学って何?と疑問に思っているそこのあなた‼‼‼ 愉快で個性的な隊員たちが、そんなあなたのためにブログを書いちゃいます☆ You should be reading!!

センター試験お疲れ様でした!&ビザおりました!

皆さん、お久しぶりです。同期が次々と留学に旅立つ中、まだ実家でぐずぐずしているわっぱです。出国まであと2週間。付け焼き刃のチェコ語と格闘したり、テレビ番組や本でチェコについて勉強したりしながら過ごしています。

さて、受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした!まずは、第一関門突破です。2日間頑張った自分を褒めてあげましょう!早速、自己採点するのもいいですが、今日くらいゆっくり休んでくださいね。

実は、僕も新聞に掲載されていたセンター試験の文系4教科(国・英・世界史・地理)を解いてみました。世界史や地理は忘れてしまっていたところもありましたが、国語に至っては、2年前の受験時より20点ほど得点がアップしました。手放しで喜んでいいのか悪いのかは分かりませんが。(笑) 受験生のときにコツコツと勉強した内容って、意外ときちんと身についているものですし、大学入学後に学ぶ上での基礎にもなります。受験生活をしていると、どうしても「志望校合格」を意識して近視眼的になりがちですが、長期的な視野をもって取り組むと、気持ちの上でも楽になるのではないでしょうか。

なんだかもっともらしいことを書いていますが、実は2年前、センター試験で思っていたような点がとれず、翌日全員強制登校で行われた学校での自己採点の際には、先生に心配されるぐらい落ち込みました。(笑) センター結果の判定も決して良かったわけではありませんが、「AIUを受験する」という目標は変えませんでした。挑戦もせずに、諦めてしまったのでは、一生後悔してしまうのは分かっていたので、そのまま出願手続きをし、2次試験の勉強に励みました。終わってしまったことは変えられないので、次の試験に向けて努力する方が生産的です。(笑) 自己採点の日に落ち込んでも、翌日には切り替えるようにしてくださいね!

僕の留学の進捗状況ですが、ついに今月11日、ビザがおりました!想定通りちょうど申請から2ヶ月かかりました。もしチェコに留学される方がいらっしゃいましたら、ビザの申請は早めに出しましょう。

というわけで、留学に行くことは確定してしまいましたので(笑)、予定通り2月4日、チェコに向けて出国します!落ち着いたら、留学生活の模様をお届けする予定なので、そちらもお楽しみに!

最後にもう一つ宣伝を。前回の記事でぺんたも紹介してくれましたが、この度AIU留学体験記2019年版」ブログが開設されました!これから、この冬出発の有志の記事もアップしていく予定なので、ぜひ定期的にのぞいてみてくださいね!

https://ameblo.jp/ryugakuaiu2019/

ではでは今日はこのへんで!わっぱでした~。

 

ぺんたの留学 in フランス

お久しぶりです、ぺんたです!

受験生の皆さんはあと15日ほどでセンター試験ですね…!私の受験は2年前ですが、試験監督の合図を聞いたとたん心臓がバクバクしたのを覚えています。「焦りは禁物」といろんな人からよく言われましたが、どう頑張っても結局焦ってしまうのがおちです、焦ったときの対策を考えましょう

 

 

私は今、留学先であるフランスのレンヌという都市にいます。

現在フランスは、黄色いベスト運動による治安の悪化で話題になっていますが、レンヌは比較的落ち着いていて、結構平和です。されどフランス、スリやテロには気を付けて、慎重に生きていきたいです。

 

さて、早速フランス留学について書いていきたいと思います!

まずは、ビザについて。フランスのビザ申請は、比較的簡単だと思います。フランス大使館のホームページには、ビザ申請のための手順や必要な書類リストなどがすべて丁寧に書かれています。メールもすぐ届きます。ビザ申請の際は、本人が直接東京にあるフランス大使館まで行かなければいけないのですが、親切な職員さんと愉快におしゃべりをしながら15分ほどで申請を終え、その二週間後にはビザが届きました。

 

また、銀行口座についてですが、私の場合はジャパンネット銀行を使うことにしました。ネット銀行なので、オンラインで口座をつくることができます。また、キャッシュカードにはvisaデビットの機能がついているので、クレジットカードとして世界中で使うことができます。近くのコンビニで日本から簡単に入金することができ(3万円以上なら無料で入金できます)、海外にいる場合もvisaのサインがあるATMからその国の通貨を引き出すことができます。

 

志望理由ついて!

私の志望理由は、大きく分けて2つあります。私は留学前にウェブデザイン会社でインターンをしていたのですが、その経験からアートやデザインの勉強を本格的にしたいと思うようになりました。ヨーロッパの芸術文化は長い歴史があり、美術館に限らず、有名な建築物マリメッコなどの個性的なブランドが沢山あります。また、EU圏内ならお手ごろな値段でいろんな国を旅行できるので、ヨーロッパ各地の芸術作品を見に行くことができます。特にフランスでは、学生ビザを持っていればあらゆる美術館、博物館、劇場が無料もしくは割引になります。レンヌはパリからも近く、交通の便が良いので、アート・デザインの勉強をするのに最適な場所じゃないか?と思いました。

 

二つ目の理由は、経済の分野を詳しく学べるということです。実のところ経済の勉強はヨーロッパのどこでもできるのですが、私は頭が良いわけではないので、AIUの提携校のなかでも勉強が大変ではない大学を選びました。その中でもフランスの提携先はビジネススクールが多く、経済に関する専門的な知識を身につけることができます。ビジネススクールのなかでも、特に私が興味を持っているマネジメントマーケティング財政学の分野を学べるところを選びました。

 

実際にフランスで暮らしてみて

フランスに来てから2日しか経っていないのですが、いろんな発見がありました。レンヌの空港に着いたらホストファミリーが迎えに来てくれ、少しドライブをした後に家で小さな歓迎会を開いてくれました。オレンジジュースを飲みながらおしゃべり、ワインを飲みながらクラッカーをつまみ、カボチャのスープを飲みながら黄色いベスト運動の話をし、お茶とデザートのロールケーキを食べながらまたおしゃべり、食事が終わると永遠にアガサ・クリスティーンの映画を見るというゆったりとした夜を過ごしました。次の日の朝は、手作りのパンとジャムを振舞ってくれました。(入居前は「自炊してください」って言われたのですが、私はいつから自炊をするんだ?)そのあとは、ホストファザーが一緒に散歩をしながら近くのスーパー(入り口のガラスがバッキバキだった点はとりあえずスルー)や最寄り駅への行き方を教えてくれました。留学初日から人の温かさに感動しています。知り合って2日しか経っていないのですが、ホストファミリーに恩返ししたい気持ちでいっぱいです。

 

これからは時間のある時に留学ブログを書いていければなぁと思っています。また、広め隊員ではないAIU生にも協力してもらい、2019年留学ブログ(このサイトにリンクが貼ってあります)&インスタグラムも随時更新していく予定なので、ぜひ読んでみてください!

 

最後に、受験生の皆さんへ

本番間近でストレスが溜まっているかと思いますが、あと15日の辛抱です!私もこの時期は精神的に不安定になったりしましたが、「心配する暇がないくらい集中する」ことを心がけていました。たとえセンターで思い通りの結果を出せなくても、AIUは二次試験で十分挽回できます!毎年ブログに書いていますが、私もセンター試験D判定でも合格できました。最後まで頑張ってください、応援しています!

 

 

 

 

わっぱの留学in チェコ ~出発に向けての手続き・志望理由編~

みなさま、お久しぶりです!14期のわっぱです。

2018年も残りあとわずかとなり、今日はついに平成最後の大晦日。時が経つのは早いと最近より実感するようになりました。

広め隊も代替わりの時期となり、僕も隊長を今学期にて引退しました。最後のミーティングでは、隊員たちから寄せ書き色紙のサプライズがあり、部屋に帰ってからしみじみと感慨にふけりました。(笑)新体制になる広め隊を今後ともよろしくお願いいたします。

隊長職の引き継ぎも終了し、あとは留学に出発するのみ!と言いたいところですが、出国は2月なので、あと1か月は日本にいます。というわけで、留学準備の忘備録の続きを。

続きを読む

冬休みの広め隊員の日記(勉強の息抜きにでも…!)

お久しぶりです。くいなりです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。このブログを見て下さっている方の多くは、AIUの受験を間近に控えているのではないでしょうか。

 

自分がそんな受験生のために何ができるのか。。AIUでの生活を共有して、具体的な生活イメージを受験勉強のモチベーションの一つにしてもらうことかな、と思ったので、AIUについて書きます。勉強中に一息つきたいときには、これを見て「あ~こういう感じのとこなんか~」って思ってほしいです。受験対策ではないので、無理して見ないでくださいね。笑。

 

AIUのいいところと、批判まではいかない、AIUで陥ってしまいがちなことを書こうと思います。

AIUのいいところの一つは、休学制度です。AIUでは、休学中には学費を払う必要がありません(他の大学にはあまりない制度らしいです)。この制度を利用して、若い時分にしかできない、やりたいことができる。友達のなかには、外国で言語を勉強しながら働いたり、起業について考える機会にすることを考えている人もいます。自分も、自分の故郷で祖父母と農業をすることを考えていましたが、祖父母はもう農業法人に入って、週に三日くらいしか仕事が無い、ということだったので、今は少し厳しいかなと思ってます。ただ、アメリカなどの国だと、高校卒業後に「ギャップイヤー制度」で一年自由な時間を取って、好きなことをする、というのが普及しているそうです。AIUでの休学は、このギャップイヤーと通じるところがあると思ってます。気になる人は調べてみて下さい。

 

AIUで考えてしまうことは、この大学にいると、山の中にある大学なのもあって、ずっと勉強してるだけで時間が過ぎてしまうことです。国際教養大学は、日本に住む人の大部分が知っている大学というわけではないけど、知っている人は知ってるし、入学するのが難しくて、就職に強いということは有名だと思います。その名声に甘えて、AIUで勉強しているだけで満足してしまうことは、とても危険なことだと思います。AIUを卒業したら素晴らしい人間になれる、というわけではないからです。AIUにいる間に、この恵まれた環境を生かして、何をするか。なりたい自分を明確にして、その実現に向けて努力する。そういうことをしっかりと考えている学生が多くいないように感じています。(私自身が将来を具体的にできていないので、そう感じてしまうのかもしれません。)

 

AIUに入ったとしても、出された課題をこなして、部活動や大学祭の活動を楽しんで、友達と鍋を囲んで話したりしているだけで、時間はとっても早く過ぎていきます。すべて必要なことだと思います。ただ、この中に、自分の将来のために自分から行動を起こす、ということが入ってくると、AIUでの生活はさらに充実したものになると思います。休学する人も実際に何人もいるし、休学制度は素晴らしいと思います。また、ほかのどんな大学に行っても、自分の興味に基づいた活動とか、将来のことを考えた活動を求めていくことは本当に大事だと確信しています(言葉が強いですけど笑)。

 

自分はクリスマスイブにサンタクロースになって、実際に一般家庭を訪問する、という、チャリティーサンタと呼ばれる活動をしました。興味本位で行ったものでしたが、素晴らしい経験をすることができました。これからもしっかりと心のアンテナを伸ばして、様々な経験をしていきたいと思ってます。

 

かなり長くなってしまいました。一人でも多くの方が将来実りある大学生活を送ることを祈ってます。

 

では、また。。

 

 

サークル紹介~Studio E-sha~&AIUへの道B日程編

こんにちは!そしてお久しぶりです!

15期(現在一年生)のペコ🐢です

 

AIUではミッド(中間試験)が終わったと思いちょっとリラックスしてたらすぐにファイナル(期末試験)やレポート提出などの時期になってしまっていました...。気が重いですがとりあえずやれることやって全力で頑張ります笑

 

今回はStudio E-shaを紹介します!

最後にはB日程の合格体験記もあるのでぜひ見てみてください。

続きを読む

サークル紹介~ディベート、V-ACT編~

髪型を変えたのに全然気づいてもらえません。お久しぶりです。さくらです✿

 

今回は趣向を変えて、私が入っている広め隊以外のサークル(数えたら6個あって反省中)の中からディベート部とV-ACTの紹介をしたいと思います!

AIUへの道に掲載した2018年度A日程の合格体験記も最後に貼るので、それだけ読みたい方はスクロールしちゃってください笑

 

ディベート

AIUディベート部、通称AIU Debating Societyは準備15分、スピーチ7分で様々な内容について議論し競う英語ディベートサークルです。先月の紅葉杯では決勝戦に進出し、スピーカー個人の賞を受賞した部員もいます!それだけ聞くととても英語のできる頭のよさそうな集団に見えますが、部長もイケメンだし部員の仲もよく、完全に初心者の私も周りに助けられながら何とかやっています。笑

本気で取り組もうと思うとかなり重いのも事実ですが、英語が上手くなりたい、議論が好きだ、などと思っている人には全力でおすすめします!成長するにはもってこいです(o´▽`o)

公式TwitterInstagramもやっているので良かったら「AIU Debating Society」で検索してみてください~

②V-ACT

最近コメントで度々見かけるV-ACT!このサークルは夏のフィリピン渡航を軸に、現地の人々との交流やフィリピンに関する情報発信を行うサークルです。といっても活動内容はかなり自由で、今年度も人と人との繋がりを大切にしながら渡航の準備や学内で行うイベントの計画など、たくさんの活動をしています!海外の国と関わるサークルの中でも特に現地の人との繋がりを重視しているのがV-ACTの特徴です。

実際にAIU祭で現地のお菓子を販売したり、最近じわじわと知名度も上がってきているようで嬉しい限りです笑 こちらも公式Facebookがあるので調べてみてください!

 

...はい、という訳で!長くなりましたがAIUへの道を貼ろうと思います!

A日程、B日程の方はご参照までに◎

さくらでした~

ーーーーーーーーーー

A日程 合格体験記①
志望理由
志望理由というよりも、私の大学の選び方の話になりますが、私は将来の確固としたビジョンがあるわけではなくて、それを見つけるためにも、広くいろんな学問を勉強したいなーと思っていて。どの学問を勉強したいかなーとかで学部とか大学を考えていました。その時に、ひとつの学問に絞り切れず、と英語を話せるようになりたいって思って、じゃあ英語で勉強すればいいじゃん!!という単純思考ですね!!(笑)夢だった留学をしたい、あと一人暮らしをしたい、などなど…一部不純な(笑)動機もありますが、考えたときにAIUが勉強する環境が一番整っているな、と感じました。(まあ今こうして無事に詰んでいる訳ですが…苦笑) 
うだうだといろいろ真面目な話をしましたが、一番はフィーリングです!!これは本当です!!!信じられない話かもしれませんが、私は一番最初にオープンキャンパスに行ったとき、私この学校に行くなって思いました。まあそう思った私が一番何思ってんだ私って思いましたが、今ここで現に合格体験記書いてます!!!なので自分のフィーリングは個人的には大切にして貫いてほしいと思ってます!!
自分のbackgroundについて
純然たるジャパニーズです!!!!!留学もしたこともなければ、高校も普通科です!!
センター
ここでは教科別に書いていきたいと思います
国語、数学、英語
ソースは私の高校の先生ですが、国語は基礎知識を固めたらあとは解きまくるのがコツです!ただ解いてるだけで点数あがった!!って友達も言ってました。基礎知識って言っても出る順からつめていくと効率いいですよ!!
私はめちゃくちゃ数学が苦手だったのですが、1Aはパターンが各セクションごとにあるのでそれさえ一回マスターしてしまえば!!という心持ちでやってました。
知識系(理科、世界史)
知識系に関してはいろいろ手を出すよりも、一つの教科書でもノートでもやりやすいものにまとめてしまうといいかもしれません!実際に当日試験会場でもみてました。
二次対策
そもそも二次対策を始めたのは秋・・・ころだった気がします。春に一回どんな問題かを知るために解いて、それで入試問題を意識して勉強するようにしていました。秋には初歩的なエッセーの書き方から始めて、エッセーといっても文法だけじゃなくて内容の一貫性とか、論理のつながりとか、根拠が有力か、など内容面とか、エッセーのルールもやりました。あとはとにかく過去問を解いて、トピックの傾向をつかむように気をつけてました。あとは何回も何回も先生に提出してそのたびにボロボロになってかえってくる(笑)のを泣きそうになりながら直してました。(笑)

参考書
二次対策 赤本、新版 TOEFL®TEST対策iBTライティング 【iBT対応】

ーーーーーーーーーー

A日程 合格体験記②

志望理由

私がAIUを志望した理由はいくつかありますが、やっぱり1番は英語を上達させるためでした。でも正直英語が好き、とか英語かっこいい!とはあまり思っていなくて、国際問題に対する興味は今でもそこまでありません笑 じゃあなんでAIUに?と思う方も多いと思いますが、それは私の将来の夢に大きく関わっています。私はマーケティング系の仕事をしたいのですが、それには英語が必要と親から耳たこレベルで聞かされていたので私にとって英語はとても大事でした。そんな事情もあって当初は海外大も考えていたのですが、日本への愛と英語への不安が大きすぎて笑、最終的には日本国内で英語を勉強できる大学を探すことにしました。もちろん他にも英語を勉強できる大学や留学マストの大学はありますが、18年間住み続けた東京を離れてみたかったのもあって最終的にはオーキャンの雰囲気を見てここに決めました。

海外経験など

ちゃんと留学したことは無くて、学校の研修?プログラム?でオーストラリアに2週間行っていた程度です。海外経験に入るか分かりませんが笑

センター

私は秋頃までは国立大学を受ける可能性もあったので、文系の5教科7科目(英、国、数1A2B、日本史、地理、理科基礎は生化)を全て勉強していました。通っていた東進では夏の終わりまでにセンターの準備を終わらせるの(具体的には全科目8割)が目標になっていて、結局地理と理科基礎までは手が回りませんでしたがかなり後半に余裕を持てたと思います。早めに準備することはとても大事です!以下は各科目の勉強方法についてです↓

英語

読解とかもですが、何より文法が壊滅だったので夏頃からネクステと英文法1000を使ってちまちま勉強していました。1周解いて2周目に間違った所を解いてみたり、答えを暗記するレベルでやりこんだりすればセンターはなんとかなると思います。

国語

ほぼやってないです。授業の宿題くらい?

数学

こっちも授業の宿題くらいです。AIU生には珍しく数学が大好きだったので国公立志望の子たちと同じクラスで春から国公立二次の過去問を解いていましたが、今思えば私の入試にはいらなかったと思います笑

社会

日本史は東進で授業を取ってまとめノートを作っていました。途中から凝りすぎて作品になったけど役には立ちました笑 地理はどちらにしてもセンターだけだったので学校の授業だけです。

理科基礎

最後に過去問解きました。あとは学校の授業!

あと、理科基礎は簡単みたいな風潮があっても分からない所は周りに聞いた方がよいです。

二次

本格的に対策を始めたのはたぶん11~12月頃で、それまではトフルゼミナール(英語の塾です)に2年ぐらい通っていました。前半はあまり真面目に勉強していませんでした。(宿題はできる範囲でやっていました笑)

英語は、初めは自分で過去問を解いたり貰ったテーマで300語ぐらい書いて帰国生のお母さんに添削を頼んだりしていました。12月後半からは学校のネイティブの先生、1月からは日本人の先生に頼みました。参考書はほぼ使ってないです。エッセイのテーマ探すときぐらいかな。

国語は先生が怖くて笑、添削を頼むのがかなりぎりぎりになってしまいましたが1月の前半からA、Bどちらの問題も見てもらっていました。初めは向こうが気を遣うレベルで書けなかったのですが、1週間に2つか3つずつ書いていった所A日程までにかなり上達したと思います。あと私の年のA日程に関して言えば、秋の推薦試験を受けた時に作った志望理由書の内容がかなり役に立ったので、リベラルアーツや大学教育については理解しておいた方がよいかと思います。

併願校

早稲田(国教)、慶応(商)、あとセンター利用で理科大(経営)、中央(たぶん経済)の4校に出願しました。第一志望はAIUだったので他に行く気はなくて、基準はB落ちた時に合格通知が来てそうかどうかでした笑 AIUはA日程で受かったのですが、受かった実感がなさ過ぎて結局併願校も全部受けました笑

ーーーーーーーーーー

AIUへの道 2018 推薦入試

連続で失礼します!14期のわっぱです。

最近の秋田はすっかり冷え込み、早くもヒートテックに頼る時期がやってまいりました…。それと同時に、冬の退去時に荷物の山に埋もれたくないので、夏服や使わなくなった教材類の整理・実家に送る準備を始めています。(AIUって夏服を着られる時期が本当に短いです。正直なくてもよいといいたいのですが、秋田の夏は地味に暑いんです。去年は、秋田の夏を侮っていた何人かが熱中症とみられる症状でダウンしたくらいなので…。)

さて、11月の特別入試に向けたAIUへの道大公開シリーズ」今日は推薦入試編をお届けします!

僕は、一般入試組なので、推薦入試についてはあまりアドバイスができません…。ただ、奨学金のための面接(これについても、またいつか記事にできたらいいな)を経験したことがあるので、そのときの経験をお伝えすると、「面接では、完璧に答えることを目指すより、自分の思いを面接官にぶつける」という感じで臨むといいと思います。すらすら答えられるに越したことはありませんが、大事なのは熱意を相手に伝えることだと思います。原稿丸暗記の答えよりは、多少言葉に詰まっても、率直に「自分の言葉で」答える方が、試験官の心にも伝わります。「模範解答を言おう」ではなく、素の自分で臨んだ方がきっといい結果につながると思います。また、AIUは受験生の熱意を評価してくれる大学です!「AIUでこんな学びがしたい!」「絶対にここで学びたい!」という熱意をぶつけてみてくださいね!

小論文は、過去の受験体験記(一般入試を含む)でも繰り返し書いてきましたが、「読み手を意識したエッセイ」を書くように心がけましょう!エッセイの構造(Introduction, Body, Conclusionやtopic sentence, supporting sentence等)を守り、読み手の立場に立って書き進めていくようにしてくださいね。

では、体調にはくれぐれも気を付けて、本番に向けて頑張ってください!応援してます!

以下、今年の「AIUへの道」の本文です!

 

推薦入試(京都府立高校出身者の場合)

勉強を始めた時期

推薦で提出するTOEFL iBTの勉強を高2の冬から始めた。そのときすでに英検準1級を取得していたが、英検よりTOEFLのほうが世界的に有名なので、取ることを決めた。

志望理由書対策

高3の6月頃から、担任の先生に合計で10回ほど添削してもらった。集中して書くのではなく、普段の勉強と並行して書いていた。

英語小論文対策

高3の7月頃から、合計で40topicsほど書いた。塾の先生には2週間に1回ほど、学校の先生には1週間に2回ほど添削してもらった。書くスピードを忘れないために、毎日書くことを心掛けた。初めはIntro、bodyといったように型に合わせて書くことを心掛け、慣れた後内容も重視して書き始めた。

面接対策

高3の9月頃から始めた。推薦で受ける人の中で英語を話す力にそれほど違いはないだろうと思ったので、日本語面接に重きを置いて練習した。

最後に一言

一般入試のみの人よりもチャンスが一回増えると思って頑張ってください!私は推薦一筋でしたが、他にもAIUに入るチャンスはたくさんあります。同級生との勉強の仕方の違いで不安になることもあると思いますが、AIUは特殊なんだと思って気にしないようにしていました。

面接で聞かれた質問

日本語

・あなたが属する社会的コミュニティを挙げて、その中であなたがどんな役割を果たしているのか、またそれがあなたの人格形成にどんな影響を与えているのか。

・志望理由書に関する質問

英語

・What’s your hobby?

・Describe your town.

・Which culture do you think is the most important?

・自動化に対するbenefitとdrawback