5代目☆AIUを広め隊 2016

全国の皆さんこんにちは‼ パンフレットやホームページなどでは伝えきれないAIUの魅力を、生徒の視点から見て発信する学生団体ー それが、AIUを広め隊です‼ 今年度でこのブログも5代目となりました‼ 年を重ねるごとにさらに魅力を増していく、今全国の中で大注目の大学、AIUこと国際教養大学って何?と疑問に思っているそこのあなた‼‼‼ 愉快で個性的な隊員たちが、そんなあなたのためにブログを書いちゃいます☆ You should be reading!!

AIU最大の魅力とは?

ご無沙汰しております。

現在シンガポールのナンヤン工科大学(NTU, Singapore)に留学中のクローバー♧です。
受験生の皆さんは夏休みが終わりそろそろ過去問に手を付け始めるころでしょうか。

さて8月の初めころにこちらに来たのでシンガポールに来てから1か月半ほどになり、こちらの生活にも慣れました。最近は時間がたつのがとても早く感じられ少し焦っています。

書きたいことはいろいろありますが、今回はシンガポール留学の魅力を4つ紹介します。

まず一つ目は世界中から優秀な人材が集まっていることです。シンガポールは資源も土地もない国なので、政府は人材にお金をかけています。最新のPISA調査では全科目でシンガポールがトップに立ち、さらにQS rankingではNTUがアジア第1位、NUS(国立シンガポール大学)がアジア第2位になる(※1)など、教育面で優れた実績があります。さらにNTUには1セメスタあたりで1100人を超える留学生を受け入れており、彼らの大部分は各国のトップスクールの出身です。日本からも東大、京大、一橋をはじめ優秀な学生が集まっています。彼らと机を並べ切磋琢磨できるので毎日刺激的です。
※参考1(世界の大学ランキング)→https://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2018

二つ目はキャリアのチャンスがあるということです。シンガポールには日系の企業が多く進出しておりさらにシンガポールに留学している日本人に対するキャリアフォーラムもあるためそれに参加すればこちらで就活することも十分可能です。私が一番驚いたのは企業側から大学教授を通じてオファーが来たことです。その企業はかなり優良企業なので、私は就活するつもりは全くありませんでしたが、一応CV(英語の履歴書)を作成しました。

三つ目はシンガポールの東南アジアにおける位置がすばらしいことです。シンガポールは東南アジアの中でも中心的な位置にあり、週末を使って気軽に旅行できます。さらにこちらには中間テスト前に1週間、期末テスト前には2週間のrecess weekが設けられており(※2)、授業が休みなのでその期間も旅行できます(それまでに課題を終わらせておく必要があります)。ということで、すでに周辺の国々に留学している私のAIUの友達は何人か遊びに来ましたし、私自身もこちらでできた友達とミャンマー、タイ、ブルネイなどに旅行する計画を立てています。
※参考2(NTUのアカデミックカレンダー)→http://www.ntu.edu.sg/sasd/oas/AcademicCalendar/Documents/NTU%20Academic%20Calendar%20%28Semester%29_AY2017-18_upd11Apr2017.pdf

最後はお金の面です。シンガポールと聞くと物価が高い印象があるかもしれませんが、実際学生としてこちらで生活する分には特に高いとは感じません。例えば食事は一食400円あればドリンクも含めて十分楽しめるし、公共交通機関も国の端から端まで乗っても高々200円程度です。寮費も築3年一人部屋エアコン付きの超快適ルームに住めて、光熱費・電気代込み、ジム・プール・自習室利用し放題で36000円/月程度(※3)です。欧米の国に留学すると往々にして寮費だけで10万近くかかるのでそれと比べるとだいぶ安いと思います。さらにAIUから留学する際にはいくつか奨学金に応募できます。私の受給している奨学金は留学期間10ヶ月でAIUの学費約2年分給付される(※4)ので懐の温かい生活が送れます。
※参考3(私の住んでいる寮)→http://www.ntu.edu.sg/has/Undergraduate/HallsofResidence/Pages/CrescentHall.aspx
※参考4(私の受給している奨学金)→http://www.kobebussan.or.jp/overseas.html

ということで、改めて考えてみてもアジア最高の大学で勉強できて、しかもほぼお金がかからない1年間の留学をさせてくれているAIUには感謝してもしきれないです。留学前からうすうす気が付いていましたが、今、1年間の留学こそがAIU最大の魅力であると身をもって感じています。

AIUにOCなどで来られた方は「えっ、こんなド田舎??」と思われたかもしれませんが、その先には広い世界が広がっています。
日本はこれから寒くなると思いますので、受験を控えるみなさんは体に気をつけて最後まであきらめずに頑張ってください。
長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。